アボダートの飲み方・副作用

アボダートの飲み方と副作用

アボダートの飲み方

つづいて、アボダートの飲み方について。

 

飲み方はプロペシアと同じで、1日1錠を水またはぬるま湯で飲むだけ。いたって簡単ですね。

 

アボダートはプロペシアと比べて、成分含有量が0.5mgと半分しかありません。でも、デュタステリドの方が効果(約1.5倍)が高いため、1錠でもしっかりと効果を生みだしてくれます。

 

 

それから、色々調べてみるとアボダートを飲んでから、約3時間たつと血中濃度が上がり、その後落ちていくということ。それだったら、規則正しい時間帯で繰り返していく方が、血中濃度も維持できると思います。

 

 

また、アボダートを服用できるのは男性・20歳以上専用の医薬品。
未成年や女性、特に妊婦の方は服用を控えるようにしましょう。

 

アボダートの副作用

次は、副作用についてですが、アボダートの主成分デュタステリドは、フィナステリド同様、副作用があります。

 

デュタステリドはフィナステリドより効果の高い薄毛防止の効果を発揮してくれるのですが、そのぶん副作用もでてきます。

 

副作用の内容としては、「性欲減退・勃起不全」など

 

プロペシアの副作用の発生率は約4%。それに比べてアボダートのリスクは低いと言われています。
でも、低確率ながらも副作用症状を感じるケースも報告されているので、用法・用量をしっかり守って、正しく服用するようにしましょう。