アボダートとジェネリック医薬品との関係

ジェネリック医薬品

アボダートとデュタスの関係

ジェネリック医薬品に関して、簡単にですが説明いたします。
こういった構造は、日本ではあまり聞きませんが、海外(アメリカ)ではジェネリックという制度があります。

 

 

このデュタステリド配合の飲む育毛剤を開発したのは「グラクソ・スミスクライン社」で商品が『アボダート』。
この商品を生みだすまでに、そうとうな「開発費・コスト・時間・人件費」などがかかっています。
その中で、商品を販売すると、どうしても価格は高くなってしまいます。

 

しかし、同じ成分デュタステリド配合で同じ効果を持つ『デュタス』は「開発費・コスト・時間・人件費」がかかっていません。
つまりは、必然的に価格を安くして販売することができるんですね。

 

このような構造をジェネリックといいます。

 

 

つまり、アボダートに比べてデュタスの「価格が安い」=「偽物」っというのではなくて、
アボダートが傘下(提携?)の会社を設立している(デュタス)ことで、コストの安い商品を販売しているといった図式になるわけですね。

 

購入する側としては、とてもありがたい制度です。

 

アボダート・デュタスの購入

アボダートやデュタスは、近くの薬局・ドラッグストアなどで販売しているわけではありません。
購入する時は、専門サイトの個人輸入を利用するのが一番ですね。

 

私が、海外のサプリや育毛剤を購入する時は
「アイドラッグストア」っという専門サイトを利用しています。

 

けっこう大手の専門サイトなので安心です。
(厚生労働省も審査しています。)

 

やはり、インターネットで商品を購入する時は、信用性のある所で購入することが大切です。
「偽物」「パチ物」を販売しているサイトもあるかもしれないので、口コミなどでしっかりと探してから購入するようにしましょうね。