アボダートについて

アボダートの紹介

そもそもアボダートとは?

まずは、アボダートについて簡単に紹介致しますね。

 

アボダートは、5α-リダクターゼ※を強力に抑制する塗る育毛剤ですね。この5α-リダクターゼとは、簡単にいうと「薄毛の原因の元」になります。

 

 

世界的に有名なプロペシアの成分はフィナステリド。この効果を上回るのが「デュタステリド」を配合した飲む育毛剤『アボダート』なんですね。

 

これまで、AGA治療薬はフィナステリド配合の「プロペシア」が主流となって、市場を独占していましが、2001年に「グラクソ・スミスクライン社」がもう1つの抗アンドロゲン薬デュタステリド『アボダート』を発表。
フィナステリドを超える効果をもつ育毛剤として、注目を集めていますね。

 

※5αリダクターゼとは
1型と2型がというのがあって、このうち2型5αリダクターゼが薄毛と密接に関係しています。
2型5αリダクターゼとテストステロンという男性ホルモンが結びつくとDHTに変化します。

 

T・U型を同時に抑制

つづいて、少し難しい話ですが、アボダートの成分デュタステリドの効果についてですが、
アボダートの有効成分デュタステリドは、基本的にはプロペシアの成分フィナステリドと同じで、AGAの原因であるアンドロゲン「DHT※が生成されないよう、テストステロン※をDHTに変換してしまう5αリダクターゼ※の働きを阻害する効果を持ちます。

 

でも、5αリダクターゼにはT型とU型があり、フィナステリドはU型のみ効果を生みだします。
しかし、デュタステライドはT型U型どちらにも効果を生みだしてくれるのが大きな特徴になります。

 

片方阻害するのと両方阻害するのとでは効果に差が出てくるのは当然ですね。
フィナステリドとデュタステリドの毛髪の数を比較測定した研究では、フィナステリドの約1.5倍の効果があったそうです。

 

※5αリダクターゼとは
1型と2型がというのがあって、このうち2型5αリダクターゼが薄毛と密接に関係しています。
2型5αリダクターゼとテストステロンという男性ホルモンが結びつくとDHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。

 

※テストステロンとは
男性ホルモンの一種

 

※DHT
DHTが皮脂腺の受容体と結びつくと過剰な皮脂を分泌させ毛穴を塞ぎ毛髪の成長を妨げ、 毛乳頭の受容体に結びつくと、毛髪が十分に成長する前に脱落するようになるためにヘアサイクルが乱れ、やがて毛髪は失われていく。